勤怠管理
システム

クラウド勤怠管理システム “KING of TIME”

システム開発の背景

 給与算出の根拠となる出社、退社、始業、終業時の「打刻」が人件費算出の根幹である。

 「打刻」手段は多種多様であり、殆どの場合、給与システムとの連動を行う前に人手による確認作業が発生し利益を生まない間接コストが発生している。

 また、勤務形態には、シフト勤務やフレックスタイム制また在宅勤務があり、上記の確認作業は複雑化している。

 この「打刻」と人手による確認作業に対する解決策が”KING of TIME” という勤怠管理システムである。

給与システムの課題

出社、退社に関して様々な事象がある

 通常出勤、立ち寄り、直帰、前半休、後半休、残業

 会社行事、休日出勤、代休、遅刻、早退、徹夜

 電車事故、災害時

上記の事象を従業員が勤務票の備考欄に記載

 信憑性の問題

 労務的なコンプライアンスの問題(労働基準法)

勤務票から給与システムへのデータ移行

 給与システムを保守する負荷の増大

 勤務票の上長承認

 勤務票入力の従業員側の負荷の増大

業務課題の解決

業務課題の解決
勤怠管理 KING of TIMEとは
勤怠管理 KING of TIMEとは
給与計算ソフトまでのデータ出力

給与計算ソフトまでのデータ出力
KING OF TIMEの実績
KING OF TIMEの実績
導入企業

導入企業
「打刻」のリアルタイム性と効果

「打刻」の場所を問わない

 多彩な「打刻」手段

◎ 指ハイブリッドリーダー(PC接続) 指静脈リーダー(PC接続) 指紋リーダー(PC接続)ICカードリーダー(PC接続)

◎ カメレオンコード ライセンス(iPad、スマホ) パスワード認証(WEBクリック打刻)

◎ 経営者はリアルタイムで自社の状況を把握する事で、素早い対応が可能

◎ タイムレコーダー端末価格比較 PC接続タイムレコーダーOS環境

◎ 金融機関もリアルタイムの財務諸表で融資対象企業を審査できる

 あらゆる勤務形態に対応;副業にも対応

 特にスマホによる「打刻」と位置情報が有効

給与システムへの直接連動で自動化

 「打刻」時間はCSV形式で給与システムと即時連動

 効果=勤務時間管理の大幅縮小

従来の「打刻」手段からの間接コストの大幅削減

 タイムカードの備品購入、回収、保管の事務処理費、輸送費

 勤務時間の不正申請ゼロ

 効果事例= 100名の中小企業で年間100万のコスト減

給与計算ソフトまでのデータ出力

給与計算ソフトまでのデータ出力
効果の出るモバイルタイムレコーダー
効果の出るモバイルタイムレコーダー
KING of TIMEで効果が出る業種・業態

KING of TIMEで効果が出る業種・業態
KING of TIMEで効果が出る業種・業態
KING of TIMEで効果が出る業種・業態
KING of TIMEで効果が出る業種・業態

KING of TIMEで効果が出る業種・業態
ご利用価格
ご利用価格